【お風呂で使える?】iPhone Xs/Xs Maxの防水・防塵性能を示すIP68とは?どのくらいの防水?

どうもとぴです。

先日発表された新iPhone Xs/Xs Maxですが、これまでよりも強力な防水・防塵性能を持ったことでも話題になりました。

今回はiPhone Xs/Xs Maxの防水・防塵性能について解説していこうと思います。

 新iPhoneは防水機能が強い!

iPhone 7からiPhoneが耐水仕様となり話題となりましたが、、

先日、Apple新製品発表会で発表されたiPhone XsとXs Maxでは防水機能がより一層強化されました。

発表会の会場ではビールをかける映像まで流されていました(笑)それほど自信のある性能であることが伺えます。

Appleの公式ページを見てもわかりますが、iPhone Xs/Xs Maxの防水性能はIP68という表記で示されています。果たしてこのIP68とはどんなことを意味するのでしょうか。

そもそもIP○○って何?

このIPから始まる等級は防水保護機構及び保護等級を意味します。

わかりやすく言うと、外部からの物体や水の侵入にどれだけ強いかを示した規格です。

これはIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)がテスト方法などを定め、その保護性能を等級で表しています。

IP規格はIP○○といった風に

IP+2ケタの数字

という表記になっていてそれぞれの数字の意味は以下の画像のように、

f:id:topi0:20180914220404p:plain

一桁目(第1記号)が物体に対する保護性能を、二桁目(第2記号)が水に対する保護性能を示しています。

第1記号は0~6までの7段階、第2記号は0~8までの9段階で表され、数字が大きくなるほど保護性能が高いことを示します。

iPhone XSのIP68は規格上最高性能。

iPhone XS/XS MaxのIP規格はIP68です。感のいい人は気づいていると思いますが、これはIP規格上での最高性能ということになります。とはいっても、どのような基準でIP68は定められているのでしょうか。

まずは、IP68の第1記号である6の部分。

これは、

「耐塵形(粉塵が内部に侵入しない)」

という保護性能を示します。砂がかかっても大丈夫といった感じですね。

次に、IP68の第2記号である8の部分。

これは、

「水没に対する保護(製造者によって規定される条件に従って、連続的に水中に置かれる場合に適する。原則として完全密閉構造である。)」

という保護性能を示します。ではiPhone XSにおける「製造者によって規定される条件」とはどういうものでしょうか。Appleでは、

最大水深2メートルで最大30分間

としています。これなら、大抵のことは大丈夫な気がします。

実使用上の注意点は?

防水だからといって何でもいいわけではありません。主に注意するべきポイントは以下です。

  • 保証はない

防水ではありますが、残念ながら水没による故障での保証はありません。過度な使い方は禁物です。

  • お風呂では(仕様上)使えない。

iPhone XSの動作環境温度は0℃~35℃までです。それに対し一般的な湯船の温度は40℃程度と少し高い上に、浴室は湿度も高いです。このことから、仕様上は使えません。。ですが、実際はお湯にジャブジャブつけない限り基本的には大丈夫だとは思います。(おすすめはしません)私は、IP68のスマホをお風呂で毎日使っていますが今のところ壊れてはいません。

  • テスト環境は「真水」

先程も書いたように端末は真水のもとでテストされています。よって、海水中などでの使用はおすすめできません。しかし、iPhone XSの発表会ではビールをかける様な演出もあったので、多少は大丈夫かも?

まとめ

  • iPhone XS/XS Maxは水深2mで真水に30分耐えられる。
  • 保証はなく、お風呂や海での使用は想定されていない。

というのがポイントになるかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です