サムスンの本気…新GalaxyS10e/S10/S10+を徹底解説&比較。【発売日・価格・スペック】

どうもとぴっくです。

先日(2019年2月20日)SamsungのGalaxy Sシリーズの新機種が発表されました。今回は発表されたS10の凄さをご紹介できればと思います。

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

久しぶりにSamsungが本気を出してきた…。

豪華すぎるラインナップの数

まず注目すべきは今回発表された機種のラインナップの豊富さでしょう。例年のSシリーズであれば標準モデルと画面サイズの大きいS+の2機種での展開です。

ですが今年はSシリーズ以外に発表された端末を含めるとなんと5機種!様々なニーズに応えられるであろう死角のないラインナップになっています。各機種は以下の通り。

  • Galaxy S10e
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+
  • Galaxy S10 5G
  • Galaxy Fold

簡単にそれぞれ位置付けするなら、以下のようなイメージです。

  • S10e→廉価モデル
  • S10→標準モデル
  • S10+→大型モデル
  • S10 5G→最強モデル
  • Fold→折りたたみモデル

本当に豪華すぎるラインナップになっています。Samusungはこの他にNoteシリーズ(最上機種)とFeelシリーズ(廉価モデル)もあるのでほとんどのユーザーのニーズに応えられるといっても過言ではないでしょう。

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

全部ほしい…(;´・ω・)

今回は最も日本発売の可能性が高いS10e/S10/S10+について触れていきます。

美しいデザインと驚きのスペック

ラインナップの数にも驚きですが先進的な機能も多数搭載されています。またデザインもS8,S9よりも進化しています。

Galaxy S10e

デザイン

全体的に丸みを帯びたデザインになっており柔らかい印象です。ここ最近のスマホのトレンドであるノッチはなく、インカメラがディスプレイの領域内に収められています。これにより前面におけるディスプレイの占有率がより高くなりベゼルレスを追及しています。

発表された中では最も安価なモデルであるにも関わらず、トレンドであるデュアルカメラを搭載しているのはとても評価できるポイントです。

特徴

  • infinity-O-display

先ほども少し触れましたが3機種ともにinfinity-O-displayというデザインを採用しています。余計なノッチを付けず、右上にインカメラ用のパンチホールを開けることによって画面占有率を高めています。特に上下のベゼルは限界まで無くなっているのが見て分かると思います。

今世代の見た目の最大の変化ともいえるでしょう。

  • デュアルカメラ

前述の通りS10eはリアカメラが2つのデュアルカメラになっています。レンズは広角レンズとウルトラワイドレンズです。超広角なレンズがあることによって集合写真にもっと多くの人数が入れたりするようになります。視野角は123°まであるようです。

  • フラットなディスプレイ

これまでのGalaxySシリーズはディスプレイの端が湾曲しているエッジディスプレイを採用してきました。ですがこのエッジディスプレイは否定的な意見を持つ人もいます。端が湾曲していることによって端だけ色味が違って見えたり、誤って手のひらでタップしてしまったりすることもありました。

ですがこのS10eではディスプレイがフラットになりそのような心配がいりません。これまで誤タップを気にしてGalaxyは嫌と言っている友人もいたので意外とこれは良いポイントなのではと思います。残念ながらエッジディスプレイでないので前面におけるディスプレイの占有率は低くなってしまいます。Galaxy特有の画面をそのままつかんでる感を味わいたい方はS10やS10+などのエッジ採用モデルの方がいいかもしれません。

  • 側面の指紋認証

これまでのGalaxySシリーズには背面に指紋認証のセンサーが搭載されていました。これもまた賛否両論で…(笑)背面にあるから自然なフォームでロック解除できる派の人と目で場所が確認できないからロック解除しづらい派の人がいました。

そこでS10eでは側面への指紋認証センサーの搭載がされています。側面に指紋認証センサーを搭載するのは珍しいことでもなく、過去にXperiaなどに搭載され好評だった機能です。これによりよりスムーズにロック解除ができるようになるかも?

最近のスマホは指紋認証をなくして顔認証に進む動きが見られますが個人的にはマスクをしたりすると解除できないので指紋認証はありがたいです。

カラー

カラーバリエーションは5色展開になっています。

プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムグリーン
プリズムブルー
カナリアイエロー

出典:https://www.galaxymobile.jp

  • プリズムホワイト
  • プリズムブラック
  • プリズムグリーン
  • プリズムブルー
  • カナリアイエロー

鮮やかなだけど主張しすぎない色になっています。発表された機種の中で最もカラフルなモデルでしょう。

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

カナリアイエローは凄いな…

スペック

画面サイズ5.8インチ
バッテリー容量3,100mAh
ストレージ128GB,512GB
SoCQualcomm Snapdragon 855
メモリ6GB,8GB

廉価版のはずが全く妥協されていないスペックです。Socに関しては上位モデルと全く同じものを採用しています。本気だ…

価格・発売日

予約開始日2019年2月21日
発売日2019年3月中(日本未定)
価格$749.99~(約83,000円)

日本未定…何度この文字を見たことか。

日本ではキャリアの力が強いのでグローバル版と同時発売にはなりづらいです。(iPhoneだけはVIP待遇なので別。)

次回の各キャリアの発表会を待ちましょう!

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

日本にも来てくれる…よね?

追記

海外版の発売が始まり日本でもAmazonで並行輸入品が入手できるようになっています。

Galaxy S10

デザイン

S10eと全体的なデザインに差はありませんがS10eよりも少し角ばったしっかりとしたフォルムになっています。前面のデザインはエッジディスプレイなのでS10eに比べよりベゼルの細さが際立っています。

特徴

  • トリプルレンズ

S10eでも2つカメラが搭載されていましたがS10では3つ搭載されています。

レンズはそれぞれ、望遠・広角・ウルトラワイドになっており遠くまで綺麗に撮影ができます。

  • 画面内蔵の指紋認証

これまでは背面に搭載されていた指紋認証センサーがなんと!画面に埋め込まれました..(笑)場所はディスプレイの中央の下あたりです。これでさらに直感的なロック解除ができそうです。

  • infinity-O-display
  • 他の端末に充電をおすそ分け

カラー


出典:https://www.galaxymobile.jp

  • プリズムホワイト
  • プリズムブラック
  • プリズムグリーン
  • プリズムブルー

スペック

画面サイズ6.1インチ
バッテリー容量3,400mAh
ストレージ128GB,512GB
SoCQualcomm Snapdragon 855
メモリ8GB

価格・発売日

予約開始日2019年2月21日
発売日2019年3月中(日本未定)
価格$899.99~(約9,900円)
追記

海外版の発売が始まり日本でもAmazonで並行輸入品が入手できるようになっています。

Samsung Galaxy S10 128GB+8GB RAM SM-G973F/DS Dual Sim 6.1″ LTE Factory Unlocked Smartphone International Model (Prism Black)
Samsung

Galaxy S10+

デザイン

S10+はS10の大きめモデルという立ち位置なので基本的にデザインはS10と変わりありません。ただインカメラが2つに増えているのでパンチホールの大きさは若干大きくなっています。

特徴

  • デュアルレンズのインカメラ
  • infinity-O-display
  • トリプルレンズ
  • 画面内蔵の指紋認証
  • 他の端末に充電をおすそ分け

カラー




出典:https://www.galaxymobile.jp

  • プリズムホワイト
  • プリズムブラック
  • プリズムグリーン
  • プリズムブルー
  • セラミックホワイト
  • セラミックブラック

S10にはなかった2色が追加されています。

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

セラミックブラックかっこいい…

スペック

画面サイズ6.4インチ
バッテリー容量4,100mAh
ストレージ128GB,512GB,1TB
SoCQualcomm Snapdragon 855
メモリ8GB,12GB

さすが+付きモデル。スマホとは思えないようなスペックです。4000mAh以上も充電容量があればまず困ることはないでしょう。

https://gochagc.com/wp/wp-content/uploads/2019/01/me_icon_t-2.png
とぴっく

僕のPCはRAM8GB ROM 250GBなのに…

RAM12GB ROM1TBのスマホは強すぎる…

価格・発売日

予約開始日2019年2月21日
発売日2019年3月中(日本未定)
価格$999.99(約110,000円)

スペックも凄いですが当然のごとく価格も凄いです。でもこれが日本でも発売されたら…夢があります。

追記

海外版の発売が始まり日本でもAmazonで並行輸入品が入手できるようになっています。

S10e/S10/S10+を比較

ここまでモデルごとに見てきましたが最後に表でまとめてみます。

 GalaxyS10eGalaxyS10GalaxyS10+
画面サイズ5.8インチ6.1インチ6.4インチ
バッテリー容量3,100mAh3,400mAh4,100mAh
ストレージ128GB,512GB128GB,512GB,1TB
SoCQualcomm Snapdragon 855
メモリ6GB,8GB 8GB8GB,12GB 
予約開始日 2019年2月21日
発売日 2019年3月中(日本未定)
価格 $749.99~(約83,000円)$899.99~(約9,900円)  $999.99~(約110,000円)

まとめ:Samusungの完全復活か?

ここ数年の発表会の中で最も興奮した発表会でした。発売される製品も楽しみです。もし購入することになればまたレビューもしようと思います。では!